2007年09月25日

OpenPne携帯メール投稿設定

Postfixの場合

[root@fedora ~]# vi /etc/aliases.regexp ← 正規表現版aliases設定ファイル新規作成

/^get(@.*)?$/ "|/usr/bin/php /var/www/OpenPNE/bin/mail.php"
/^p[0-9]+-[0-9a-z]{12}(@.*)?$/ "|/usr/bin/php /var/www/OpenPNE/bin/mail.php"
/^t[0-9]+-[0-9a-z]{12}(@.*)?$/ "|/usr/bin/php /var/www/OpenPNE/bin/mail.php"
/^b[0-9]+-[0-9a-z]{12}(@.*)?$/ "|/usr/bin/php /var/www/OpenPNE/bin/mail.php"

[root@fedora ~]# vi /etc/postfix/main.cf ← Postfix設定ファイル編集
alias_maps = hash:/etc/aliases, pcre:/etc/aliases.regexp ← 正規表現版aliases設定ファイルを追加

[root@fedora ~]# /etc/rc.d/init.d/postfix restart ← Postfix再起動
postfix を停止中: [ OK ]
postfix を起動中:

上記で携帯からのメール投稿が可能
posted by 牙人 at 00:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OpenPNEインストール

OpenPNEのインストールは、下記のページを見て簡単にできました。
おぢさん日記改: OpenPNE アーカイブ
→非常にわかりやすかったです。



インストールは、無事成功!PCからは完璧に動作している。
では、携帯からアクセスしてみよう!ということで、
iモードHTMLシミュレータII
をインストールしてSNSのページにアクセスすると、携帯用のページが表示されました。
※機種判定は、勝手にされているみたいなので、URLはPCと同じでOK



画面には、
「新規登録するには以下のリンクから、本文を入力せずにメールを送信してください。」
と表示されていて、「★メールで登録」のリンクをクリックすると、
get@ドメイン
のメールアドレスに割り当てられていました。



どうも、新規登録用の空メール送信用アドレスは、get@xxxx のようです。



OpenPNE セットアップガイド
にちゃんと書いていました。(^^;



で、早速メール送信!
何の応答もありません。。。



そりゃそうだ。だって、メールを受信して誰がメールの返事を勝手にしてくれるんだ!
調べてみると、/etc/aliases でOpenPNEのmail.phpにリダイレクトさせる必要があるみたいです。
しかし、さくらインターネットでは、/etc/aliasesの編集ができない。



またまた調査!
雪ぶろ*: さくらでOpenpneに写メール投稿
に詳しく書いていました。(感謝!



さくらインターネットでは、メールアカウント毎に.mailfilterのファイルができていて、そこで同じようにphpへリダイレクトする設定を入れれば良いそうです。
実際にやってみた手順を書いておきます。



1.さくらインターネットのコントロールパネルで、メールアカウントをgetで作成する。
2.そのメールアカウントに転送設定をする。(転送先はとりあえず適当に)
3.TELNETして、.mailfilterを修正する。
vi ~/MailBox/get/.mailfilter
<修正内容>
to "| /usr/local/bin/php /home/アカウント/OpenPNE/bin/mail.php"
exit



これでメール送信してみると。
まだ反応がなし!
冷静になって OpenPNE/config.phpを見ていると下記の設定を発見。
とりあえず、何かわかるかも?と思い、trueに変更した。



// メールログを取るかどうか(var/log/mail.log)
define('MAIL_DEBUG_LOG', true);



すると、メールを送信したら、下記のワーニングが出てました。



Nov 15 15:58:43 MAIL [warning] mail_sns::main() from wrong host
Nov 15 15:58:43 MAIL [warning] mail.php::m_process_mail() ERROR code 1
Nov 15 15:58:43 MAIL [debug]



「from wrong host」??
これは、メール送信元が、携帯対応のドメインで無いからダメだっていうことみたいです。
それにしても、ダメだっていう返信メールを送ってくれてもいいのに!!



結局、PCのメールで送らずに携帯から送信すると無事に返事が返ってきました。
めでたし!めでたし!\(^O^)/

posted by 牙人 at 00:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | OpenPne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ブラウザベースの高性能プロジェクト管理「Epiware Document Management」

仕事をする時には情報は一箇所に集中しているのが良い。そしてプロジェクトで必要な要素といえば、タスクの管理とカレンダー、ドキュメント管理などではないだろうか。

ドキュメントはエクスプローラで、細かなことはWikiで、カレンダーはグループウェアで…そんな情報の散在は非効率的だ。ぜひこれを導入検討しよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはEpiware Document Management、高性能プロジェクト管理ソフトウェアだ。


Epiware Document Managementではプロジェクト管理ソフトウェアとして、カレンダー、タスク管理、フォーラム、チーム管理等の機能がある。しかしそれだけでは収まらない魅力がある。

まずWiki機能がある。そしてドキュメント管理機能があり、チェックインすることでバージョン管理もできるようになっている。Wikiもファイルとして管理されるのでバージョン管理可能だ。

タスク管理はタイムライン的に表示もでき、便利だ。他にもニュース配信やRSSフィードの取り込み等機能は数多い。それらがMy Desktop上に一括表示され、必要な情報に即座にアクセスできるようになっている。

文字コードが決め打ちされているので、所どころ文字化けが起こるが、UTF-8に置き換えれば問題ないだろう。Webベースのドキュメント管理システムと考えてもかなり役立ちそうだ。

実は私はこのソフトの日本語化を行っている。
誰か買い手はいないだろうか。。。

http://www.epiware.com/
posted by 牙人 at 07:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

jig.jp、「jigスケジューラ」をGoogle カレンダーへ対応

 jig.jpは、スケジュール同期機能によって「jigスケジューラ」を「Googleカレンダー」へ対応させることを発表した。9月14日から開始する。

 jigスケジューラはフルブラウザ「jigブラウザ」上で動くアプリケーション。Googleカレンダーは、Googleが提供する無料スケジュールサービスで、ウェブ上でスケジュールを管理できる点が特徴だ。今回、jigスケジューラをGoogleカレンダーと同期させることで、PC上に登録したGoogleカレンダーの予定を携帯電話から閲覧でき、予定の編集や新規作成が可能になる。また、PCを持っていなくてもjigブラウザを通してGoogleアカウントの作成ができる。

 利用方法は、「MENU」内の「TOOL」⇒「jigスケジューラ」for Google カレンダーを選択。対応機種は、NTTドコモがFOMA904i、903i、902i、901i、900i、800i、704i、703i、702i、701i、700iシリーズ、KDDI auがWINシリーズ、SoftBankが3Gシリーズ(ただし、804NK、802SE、705NK、V801シリーズ、702シリーズは除く)、ウィルコムがW-ZERO3シリーズとなる。

 jigスケジューラfor Google カレンダーを利用するには、jigブラウザの購入が必要。jigブラウザの利用料金は、月額630円、年額6000円となっている。

posted by 牙人 at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IIJ、54社の法人顧客情報が保存された業務用ノートPCを紛失

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月14日、顧客情報の入った業務用ノートPCを紛失したと発表した。

 9月6日23時頃、JR山手線の車輌内で、見積書など54社の法人顧客情報が保存されたノートPCを紛失した。所轄の警察署に届け出るなど捜索を続けているが、発見には至っていないという。

 紛失したPCには、情報資産に対するリスク管理の一環として、ハードディスク全体の暗号化や、起動時およびログイン時のパスワード設定など、同社基準のセキュリティ対策が取られており、現時点では、不正利用等の事実は確認されていない。

 IIJでは、該当する顧客に対して個別にお詫びと報告を行うとともに、PCの所在や情報流出について監視を継続し、対策と今後の再発防止策を検討の上、速やかに実施するとしている。

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20356504,00.htm
posted by 牙人 at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

.htaccessでベーシック認証

.htaccessへの記述
-------------------------------------------
AuthUserFile 絶対パス/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Input ID and Password."
AuthType Basic
require valid-user

deny from all

-------------------------------------------

.htpasswdの記述
------------------------------------------
guest:3b1OzP5QSQ7OY
(複数行書くことによりユーザーを追加)
------------------------------------------
.htpasswdのパスワードは暗号化するため
Chama.Netさんのところの暗号化ツールが
お勧め

http://www.chama.ne.jp/access/index.htm
posted by 牙人 at 07:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | .htaccess | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHP PEARでちょい楽Ajax!

Ajaxian.com 2006 Survey Resultsの調査結果において、もっともポピュラーなAjax言語としてPHPがあげられている。同調査では有名なAjaxフレームワークとしてPrototype.js、Script.aculo.us、Dojoなどがあげられており、さもありなんといったところだ。

こうしたAjaxに特化したフレームワークも役立つが、ここでは一般的に使用されているPHP PEARに用意されているモジュールから、とくにJavaScriptと連動するためのモジュールを2つ紹介したい。Prototype.jsなどとは少し性質が異なるが、ともに役に立つフレームワークだ。

是非とも利用法を身につけ、"ちょっと差のつく"ウェブアプリケーションを作ってみよう。

ハウツーHP様より引用
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/09/28/phpjavascript/
posted by 牙人 at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Ajax | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Web上でDB設計+コード出力「MySQL Designer」

DB設計は大事だが、初期状態のまま保てる訳ではなく、大抵徐々に改変されていく。その際にはドキュメントへの適用もれが発生し、ドキュメントと実際のDB構造とに差が生じていく。

それを防ぐにはどうしたら良いか。メンテナンスインタフェースを統一してしまえば良い。そして、それをするだけの意味があれば皆使ってくれるのではないだろうか。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはMySQL Designer、WebベースのDB設計ソフトウェアだ。


MySQL DesignerはC++で作られたソフトウェアで、CGIとして動作する。WebベースでMySQLの設計、データのメンテナンスが可能だ。

その結果はGraphvizを使ってダイアグラムにする事ができる。また、C++用のテーブル操作用プログラムも生成される。これを使えば、データベース設計、ドキュメント、コーディングのそれぞれが楽になるという優れものだ。

Railsで言うMigrateに類する仕組みがないと、DB構造の管理は煩雑化しやすい。C++で開発されている方は試してみて欲しい。

MySQL Designer
http://www.alhem.net/dbdesigner/
posted by 牙人 at 02:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | オープンソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPとOpenOfficeを連携「Puno」

Web上でオフィスドキュメントを生成して欲しい、という要望を受けたことはないだろうか。大抵、CSVファイル出力で逃げたり、PDFを生成したりという手を使うが、今後を考えると抜本的な解決をしたいところだ。

そこで使ったみたいのがオープンソースなオフィススイート、OpenOfficeだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはPuno、PHPとOpenOfficeを連携させるソフトウェアだ。


PunoはPHPの拡張ライブラリとして提供される。プログラム側でOpenOfficeのオブジェクトを呼び出し、文字を打ち、出力することができる。

PDFへのエクスポートが使えるので、同様の操作でMS Officeに対応した出力もできるだろう。PHPによるExcel操作などのライブラリも存在するが、一括して取り組むならOpenOfficeを使ってドキュメント、表計算、プレゼンテーション、ドローとあらゆるオフィスドキュメントに対応するのが良いだろう。

オープンソースの方が、他のオープンソースとの連携は容易だ。OpenOfficeをクライアントとして使うのではなく、サーバサイドで使うという新しい利用法だ。

http://puno.sourceforge.net/
posted by 牙人 at 02:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | オープンソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから

いろんな技術メモを書いてみようかと思う。
よろしく
posted by 牙人 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。