2007年10月01日

トラックバック送信ツール「トラックバックス」

この度、トラックバックスというトラックバック一括送信ツールを
PHPコードにて開発いたしました。

トラックバックス機能
・RSS自動取得
・検索キーワードを決められる
・トラックバック送信数を決められる
・トラックバック送信結果の表示ができる

上記のような動作が行えます。
トラックバックはアクセスを10倍にも20倍にも伸ばせるツールです。
一度、ご検討いただければと思います。

価格は今なら9,800円で私のサーバーに設置していくらでも試してください。

取扱い説明書は随時メールでお送りいたしますので、説明書だけでも見ていただければと思います。

メールでのお問い合わせはコチラ
posted by 牙人 at 02:22| 東京 ☔| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

API一覧


posted by 牙人 at 01:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムエンジニアとは

システムエンジニア(Systems Engineer、SE)とは、もともと、
情報システムの要求定義、設計、構築、運用に従事する職を指す。

日本では企業情報システムの開発に携わる者に対して主に使われる用語である。
現在では単に、企業情報システムの設計開発者のうち上級の者を指して言うこと
もある。アメリカでは、システムエンジニアはプログラマと同義であり、アメリ
カのプログラマは、日本で言われるプログラマだけでなくシステムエンジニアの
仕事も兼ねているのが一般的である。 単体の製品として販売されるソフトウェア
を設計開発する者は、一般的にシステムエンジニアとは呼ばれない。
posted by 牙人 at 01:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPエディタ - フリーのwindows用php統合開発環境(IDE)

PHPエディタの特徴

・フリーウェアですのでお手軽に利用いただけます。
・ややこしい初期設定は不要。PHPに特化されているので初心者の方もすぐに使い始められます。
・予約語、変数名、コメント等エディタの色分けが自由に可能。分かりやすい色分けでケアレスミスを
 未然に防ぎます。(v1.35より予約語、予約関数、ユーザ定義関数の色分けが可能に)
・定義した関数、クラスに即移動できるコードエクスプローラ
・1つのプロジェクトに含まれるファイルを一括管理できる簡易プロジェクト管理機能
・編集ナビゲータによりファイル間を自由に移動可能。(編集ナビゲータ)
 さっき編集したファイルへ「戻る」ボタンで即移動できます。
・エディタを上下2分割して作業効率のUP (画面2分割機能)
・ソースコードを様々な検索条件(大小区別、単語検索、正規表現)で検索可能。(検索機能)
 目的の部分にすぐに辿りつけます。
・クイックマニュアル検索…F1キーでPHPマニュアル一発検索できます
・各種文字コード対応 Shift-JIS,EUC-JP,JIS,UTF-8N,Unicode(Bigendian),Unicode(LittleEndian)
・改行コード指定可能(CR/LF,CR,LF)
・便利な変換機能 … ひらがな/カタカナ/全角/半角変換
・プロジェクトGREP機能 … プロジェクト内全ファイルをから特定フレーズを一発検索&ジャンプ可能
 …正規表現も使えます。
・構文チェック機能 … ボタン一発で構文エラーがないかチェックできます。
・ユーザ定義関数 … ユーザの定義した関数・クラスも色分け可能
・コードテンプレート機能 … 予め登録しておいたコードをメニューから挿入
・コード補完機能 … 予約語、標準関数一覧、ユーザ定義関数の補完が可能です。
・ブラウザ内蔵 … マニュアルの閲覧やスクリプト確認などが同じウィンドウで可能に。
・標準関数の引数ヒント … 標準関数は引数がポップアップで表示されるので忘れてもOK.
・カラー印刷機能 … 色分け設定したその色で印刷できます。
・インクリメンタル検索 … キーボードのみでファイル間や関数間を検索&移動可能(Ctrl+G)。

http://phpspot.net/php/phpeditor.html
posted by 牙人 at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開発環境、注釈、変数、配列、連想配列演算子、特殊文字

PHP が使用可能なサイトが増えつつあるので、Perl との相違を検証しておく。
Perl と違い PHP は、SQL RDBMS と連携しやすい。
PHP + MySQL 編も順次検証しながら作成していく。
PostgreSQL についても、MySQL との構文の違いを調査しておく。

■PHP 開発環境

・Apache、ActivePerl、PHP、MySQL のセットパッケージ phpdev4_5NT.exe で
開発環境を構築した。これで、PHP4 ベースの開発が可能である。
一般的には PHP3 がまだ主流かもしれない。
PHP4 独自の部分も調査しておく。

・phpdev4_5NT.exe は、インストール先を c:\ 固定としてパッケージされて
いるようである。
初期化ファイルや各種サンプルがドライブ、パスに依存していた。
他のドライブやパス構成に移動するには、説明が英語のため、けっこう苦痛
かもしれない。
うちのイントラは、IIS、ASP、Perl、Oracle がメインの開発環境なので、
PHP、MySQL は、おまけと言うことで、初期設定のまま使用することにする。

・phpdev4_5NT.exe のインストールは実に単純であった。
このパッケージは、NT、2000、XP 用である。
他に 9x 用のパッケージもあった。
また、ActivePerl や MySQL が含まれないパターンなどのパッケージもある。

・インストールすると、
c:/
phpdev/
apache/
manuals/
mysql/
mysqlfront/
perl/
php/
www/
cgi-bin/
phpdev4/
phpMyAdmin/
public/
test.htm
yaks.html
MYSQL README.txt
phpdev_start.bat
phpdev_stop.bat
PLEASE README.txt
と環境が構築される。

・IIS のサービスはそのままでも、phpdev_start.bat を実行すると、
Apache、ActivePerl、PHP、MySQL のサービスがプロンプトサービスとして
起動する。プロンプトサービスを閉じると IIS が再び有効になる。
尚、メモリの解放を見ると、最後に phpdev_stop.bat を実行した方が
良さそうである。これで、MySQL 等全てクローズされる。
実に単純に上げ下げできるので、たまにしか使わない開発環境としては
手作業で、phpdev_start.bat、phpdev_stop.bat を使用する方が便利である。

■ハロー PHP

・お約束の PHP 動作テスト。


はじめての PHP ですのん。

\n";
?>


・PHP は、fopen などの関数でファイルが見つからないと、エラーを表示して
処理が停止してしまう。
リターンコードで見つからないときの処理がしたいときなど、
エラートラップするには、関数の前に @ マークを付けて、次のようにする。
こうするとエラー抑制される。

$fno = @fopen("path/filename", 'r');

・PHP は、パーミッション設定が不要らしい。
実際にインターネット上で PHP が動作する環境がないので、今のところ
信じるしかない。(^^;
イントラネットでは www/ 配下で動作した。
CGI-Perl と同じに cgi-bin/ 配下に置くと動作しなかった。
(環境設定のせいかもしれない。)

・CGI-Perl の様に先頭に PHP へのパスと言うものはない。

・PHP のコード部分は、 で記述する。
これは、ASP の書き方に似ている。
他に

<% ... %>

での記述もサーバ設定で許していれば可能である。
標準的には、 となっている。

・PHP の FTP は、当然ながらアスキー(テキスト) 形式であるが、愛用の
ffftp.exe の自動判定に .php は含まれていなかった。
アスキーモードとしてアップロードするファイル拡張子に .php を追加した。
尚、サイト仕様によっては、.php3、.php4、.phtml など PHP の拡張子が
指定されている場合があるようである。
これらも自動判定拡張子に追加しておくと良いかも。

■注釈

// 『//』以降注釈となる
/* 複数行注釈開始
*/ 複数行注釈終了


注釈テスト

\n";

// 単一行注釈

/*
複数行注釈
複数行注釈
*/

?>


■定数

define ("DATA_MAX", 100);

$a = DATA_MAX;
print "

$a

\n";

■変数タイプ

$a 単純変数
$b[] 配列変数
count($b) 配列の要素数 (最大添字は、count($b) - 1 となる)
$c['key'] 連想配列

・変数には、大文字小文字の区別がある。

・基本的に Perl と同じ種類がある。
但し、書き方は少し異なる。
Perl の配列 @b[] は、PHP では、$b[] となる。
配列の最大添字 $#b の代わりは、count($b) - 1 となる。
連想配列 $c{'key'} は、$c['key'] となる。

・シングルコーテーション「'」とダブルコーテーション「"」の使い分けは
Perl と同じである。
「"」間は、$variable や \n が埋め込み展開される。


変数 \$a = $a

\n";
print "

変数 \$A = $A

\n";
print "

変数 \$b = $b

\n";
print "

変数 \$c = $c

\n";
print "

変数 \$d[0] = $d[0]

\n";
print "

変数 \$d[1] = $d[1]

\n";
print "

変数 \$dmx = $dmx

\n";
print "

変数 \$h['data1'] = ${h['data1']}

\n";
print "

変数 \$h['data2'] = ${h['data2']}

\n";

?>


・「"」中など、$variable を展開する場合、誤解析される場合がある。
そのときは、${h['data1']} のように、$ の次から { ... } で囲むと良い。

・変数は数値でも文字でも入る。VB の variant と同じと思えばよい。

・ユーザ関数内で作成した変数は、ローカル変数となる。
Perl のような my()、local() の指定はない。
但し、PHP では、グローバル変数は関数内ではそのまま扱えない。
global $variavle; を関数内で宣言すると、グローバル変数 $variavle に
アクセスできる。
static 宣言は、C 言語での意味と同じである。


変数 \$a = $a

\n";
print "

変数 \$b = $b

\n";
print "

変数 \$c = $c

\n";
print "

変数 \$d = $d

\n";
print "

変数 \$e = $e

\n";

/*
========================================================================
テスト関数
========================================================================
*/
function test($p) {

global $a;
static $b;
$c = 1;

$a += 10;
$b += 20;
$c += 30;
$p += 40;

return(50);

}

?>


・C 言語と同じように引数は値渡しである。
このサンブルを実行すると、
変数 $a = 110
変数 $b = 200
変数 $c = 300
変数 $d = 400
変数 $e = 50
と表示される。
$a は、関数 test() で、global $a; と宣言しているので、110 になる。
$b、$c、$d は、関数 test() 内と別物となり、影響を受けていない。

■演算子

+ 加算
- 減算
* 掛け算
/ 割り算
% 余り
++ インクリメント (+ 1)
-- デクリメント (- 1)
pow() べき乗
<< 左ビットシフト
>> 右ビットシフト
. 文字列結合
ereg() 正規表現

++$i は、$i が参照される前にインクリメントされる。
$i++ は、$i 参照後にインクリメントされる。

■代入

= 単純代入
+= 加算代入
-= 減算代入
*= 乗算代入
/= 除算代入
.= 文字列結合代入

$a = $a + $b; は、$a += $b; と等しい。
$a = array('abc', 'def', 'ghi'); も OK。
16 進数は、C と同じ 0x00ff と表現。

■特殊文字 (エスケープシーケンス)

\n 改行
\r キャリッジリータン
\t タブ
\\ \
\$ $
\" "
\' '

『"』ダブルコートリテラルで展開される。
『\"』『\$』など『"』や『$』が直接記述できない箇所で使用する。
posted by 牙人 at 00:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | php関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

phpでping送信

0001: \r\n";
0035: $str .= "\r\n";
0036: $str .= "weblogUpdates.ping\r\n";
0037: $str .= "\r\n";
0038: $str .= "\r\n";
0039: $str .= "$name\r\n";
0040: $str .= "\r\n";
0041: $str .= "\r\n";
0042: $str .= "$url\r\n";
0043: $str .= "\r\n";
0044: $str .= "
\r\n";
0045: $str .= "
\r\n";
0046:
0047: //送信する
0048: fputs($sock, "POST " . $path . " HTTP/1.1\r\n");
0049: fputs($sock, "Host: $host\r\n");
0050: fputs($sock, "Content-type: text/xml\r\n");
0051: fputs($sock, "Content-length: " . strlen($str) . "\r\n");
0052: fputs($sock, "\r\n");
0053: fputs($sock, "$str\r\n");
0054:
0055: //リターンを受け取る
0056: $res = "";
0057: while (!feof($sock)) $res .= fgetc($sock);
0058:
0059: fclose($sock);
0060:
0061: //リターンからエラーコードを解釈する
0062: preg_match("/(\<\?xml)(.*)(\<\/methodResponse\>)/s", $res, $arr);
0063: $res = preg_replace("/UTF-8/i", "utf-8", $arr[0]); //コーディング文字の置換
0064:
0065: $dom = domxml_open_mem($res);
0066: $methodres = $dom->get_elements_by_tagname("methodResponse");
0067: $params = $methodres[0]->get_elements_by_tagname("params");
0068: $param = $params[0]->get_elements_by_tagname("param");
0069: $value = $param[0]->get_elements_by_tagname("value");
0070: $struct = $value[0]->get_elements_by_tagname("struct");
0071: $member = $struct[0]->get_elements_by_tagname("member");
0072: $value = $member[0]->get_elements_by_tagname("value");
0073: $error = $value[0]->get_elements_by_tagname("boolean");
0074:
0075: return $error[0]->get_content();
0076: }
0077:
0078:
0079: //初回起動時
0080: if (isset($_POST["SERVER"]) == FALSE) {
0081: $myself = basename($_SERVER["PHP_SELF"]);
0082:
0083: // ここまでPHPプログラム =======================================================
0084: ?>
0085:
0087:
0088:
0089:
0090: 更新ping送信
0091:
0092:
0093:
0094:

■更新ping送信


0095:

0096:
0097:
0098:
0099:
0100:
0101:
0102:
0103:
0104:
0105:
0106:
0107:
0108:
0109:
0110:
0111:
0112:
0113:
サーバURL入力
ブログ/サイト名
記事URL

0114:

0115:
0116:
0117:
0118:
0139:
posted by 牙人 at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPでBlog更新ping (XML-RPC)を送信する

PHPでBlog更新pingを送信するには、PEARの XML/RPC を利用すると簡単に実現する。
サンプルソース

'http://ping.rss.drecom.jp', 'path' => '/', ), array( 'server' => 'http://ping.bloggers.jp', 'path' => '/rpc/', ),);ping_send($blogtitle, $blogtopurl, $servers);function ping_send($blogtitle, $blogtopurl, $servers){ $param=array( new XML_RPC_Value($blogtitle,'string'), new XML_RPC_Value($blogtopurl,'string') ); $msg=new XML_RPC_Message('weblogUpdates.ping',$param); foreach($servers as $k => $v){ $client=new XML_RPC_Client($v['path'],$v['server'],80); $response=$client->send($msg); if($response->faultCode()){ print $v['server'].'failed'."¥n"; } else{ print $v['server'].'success'."¥n"; } }}?>
ping送信先サーバーを追加するには

array( 'server' => 'http://ping.rss.drecom.jp', 'path' => '/', ),
のところを追加していけばよい。


posted by 牙人 at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | モジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OpenPNE2.10

#40禁止用語の設定
#45ランキングの有無の選択制
#172管理者によるスキンスイッチ機能 ボタン一つでスキンを変更
#285日記コメントがついたら投稿者にメール配信
#310日記の公開範囲に「SNS外にも公開」を追加
#352メンテナンスモードでは、 デイリーメールも、携帯メール投稿も止める
#411cmdのシンタックスチェックを変更
#457特定アカウント以外はログイン停止できるように
#473メッセージの携帯転送と返信機能
#507全く同一の小窓を複数置くのは面倒。URL2CMDのルックアップ方式を変更したい
#597単一REQUEST=>RESPONSEシーケンス内で関数の結果をキャッシュする仕組みを作る。
#819フォント指定に"メイリオ"を加える
#892h_inviteがSSL必須になっていない
#893プロフィール画面から「公開範囲設定」が出来ない
#1014op_退会関数の追加
#1036PCスタイルシートの分離配送
#1040op_create_community コミュニティ作成関数作成
#1042op_add_member_4_community コミュニティへのメンバ追加関数作成
#1043op_delete_member_4_community コミュニティからのメンバ退会関数作成
#1044op_search_member SNS内のメンバ検索関数作成
#1045op_search_myfriend マイフレンド検索関数作成
#1046op_delete_community コミュニティ削除関数作成
#1047op_get_diary 最近更新された日記取得関数作成
#1055c_imageテーブルのMAX4GB問題を解決する
#1056→ookura ADODB版OpenPNEの負荷を測定する
#1062小窓インデックス格納用テーブルを新設
#1065携帯メール配信にログイン用セッションを付加する
#1066携帯メッセージボックス通知に、メッセージ本文を含められるようにする
#1067携帯メッセージボックス通知に返信をすると、メッセージ返信が出来る
#1071PHPでドライブ出来る小窓アーキテクチャを作る
#1072携帯からトピック削除機能を追加
#1085コミュニティ紹介メッセージと、イベントお知らせメッセージの送信先選択をチェックボックスに
#1086招待メール送信完了ページを作成する
#1087携帯版にイベントお知らせ機能を作成する
#1089c_bbs_delete_c_commu_topic_comment_confirmの単一トピックコメント表示にforeachを使っている
#1090携帯版にログアウト機能追加
#1097携帯レイアウト改善のための画面イメージがほしい
#1102ロゴとスキンを別々に登録できるようにする
#1104function.t_form.php の設計をタグの開始終了が明確になるように見直す
#1105function.t_form.php の設計をタグの開始終了が明確になるように見直す
#1111OpenPNEのロゴを差し替える(opバージョンに)
#1119日記カテゴリ機能の改良
#1123c_homeのGoogleMapを見直し
#1127UPGRADEスクリプトが中断しないようにする
#1128【PNEKtai】携帯電話のサイト内リンク機能(#09)
#1132SNSオーナーによる変更が出来ないプロフィール項目を作りたい
#1136監視機能の強化
#1139IP制限をしたい
#1145管理画面の検索機能のチューニング
#1153携帯版BIZ予定登録の時刻に何文字でも入力できてしまう
#1154携帯版BIZ予定登録の時刻を四桁入力にする
#1155c_sns_config, c_sns_config_ktaiの見直し
#1156携帯のコミュトピックコメントのソートを昇順にする
#1157携帯アクセス時に携帯キャリアのIPからのみしかアクセスできないように制限する
#1168
posted by 牙人 at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | OpenPne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OpenPNE2.10beta1

#562OpenPNE2.6.5(PNEManager環境) SLOWLOG SELECT d.c_diary_id, d.subjectが重い
#848携帯:登録時に個体識別番号を取得した状態でかんたんログイン設定をすると、個体識別番号重複時のエラーメッセージが表示される
#1049ダッシュボード機能を追加する
#1080h_inviteに招待中メールアドレス一覧を表示させる
#1081fh_diaryの「前の日記」「次の日記」に対応する
#1084罫線の余白対策
#1151負荷高いSNSのスロークエリログを元にしたSQLチューニング
#1171携帯から入力した絵文字をPCでも画像として閲覧できるようにする
#1178「メールアドレス」「アドレス」の表記が統一されていない
#1182携帯:日記・トピック・イベントのページャに、先頭へ戻るリンクを入れる
#1185dairyになっている箇所をdailyに直す
#1206PV集計用のApacheリクエスト記号の設定への対応
#1207PostgreSQL対応アップデートSQLの取り込み
#1211メッセージ内容作成部分のコードはActionから外してutil/message.phpに集める
#1212コミュニティ「掲示板」「トピック」の文言の統一
#1213コミュニティ管理者交代「要請」「依頼」の文言統一
#1216携帯の「日記・コミュニティ・トピック・イベント」の画像追加機能
#1220fh_diaryの「前の日記」「次の日記」用の画像を作成する
#1222日記のページャでfh_diary_listのコメントの件数とfh_diaryのコメント件数が違う
#1223コミュニティのページャでc_topic_detailのコメントの件数とc_homeのコメント件数が違う
#1224コミュニティのページャでc_event_detailのコメントの件数とc_homeのコメント件数が違う
#12291.8系スキン配信に伴い、カスタムCSSで代替できる手段を提示する
#1230「コミュニティ管理者のSNS退会時問題」を文言対応&副管理人にメールで対応にする
#1231携帯のコミュニティ設定変更の公開範囲設定をプルダウンリストからラジオボタン形式に変える
#1232ドメイン制限で管理画面から招待するときドメイン制限の旨の文言をだす
#1235IE,Operaで絵文字が1行に羅列した時にレイアウトが崩れる(自動改行されない)
#1236リストのページ(c_topic_list,h_com_find_allなど)で本文が全文表示されている。
#1241日記一覧で公開範囲設定がスペースとりすぎ問題を解決する
#1245絵文字変換テーブルで〓に変換されているのが多いので、適切な絵文字を割り振る
#1299correctioコミュのid=2602の内容を修正する。コメントID 1->50まで
#13032.8以前のDBの絵文字格納の形式から2.10の新仕様へのコンバータを作る
#1306PCでの絵文字画像のaltに適切な文言を入れる
#1311デフォルトのログイン前フッターとログイン後フッターの&を&に変更する
#1312OpenPNE2.10alpha2テスト表の×項目を修正する
#1313admin:ブラックリストメンバー管理のブラックリスト一覧がID順に整列されていない
#1314admin:ブラックリスト追加時、入力不備でリダイレクトされた場合に内容が保持されていない
#1315ブラックリストに入っているメンバーがログインしようとした場合のエラーメッセージが仕様と違う
#1316[]になる絵文字がある
#1317携帯:日記の新規作成画面に写真編集リンクが表示されている
#1318テンプレート内の絵文字で〓(ゲタ文字)が出る箇所がある
#1319絵文字の画像コンバータを2.10alpha2形式対応にする
posted by 牙人 at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | OpenPne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OpenPNE2.10alpha1

#130携帯絵文字対応
#154携帯の画像大の解像度に制限をかける
#177PC版日記コメントのページ分割
#305c_imageのMAX_ROWS設定
#374携帯の配色変更
#603config.php で memory_limit=32Mを指定する
#1037FUNCTION_CACHEをmemcachedに保存
#1048PostgreSQL対応
#1050スキンチェンジャー機能を追加
#10511.X系のコントローラを廃止する
#10521.X系スキンを廃止
#1053すべてのDB項目(テキスト)に、UPDATEしたかどうかが判るカラムを追加する
#1076全ページのテキスト入力エリアのサイズを変更する
#1077BIZ:新携帯UIに作り変える
#1078h_homeから飛べるもっと見るの先のページがいろいろ変
#1079携帯版コミュニティのメール受信設定を復活させる
#1083携帯版の新着リストにて、記事に画像が添付されている場合はアイコンを表示する
#1088携帯版h_prof作成
#11038/27現在のtrunk でPCからイベントが作成できない。
#1106sessionをmemcachedに保存
#1107h_home,f_homeでのMyNews表示機能
#1108Yahoo天気へのリンクなど外部サービスとの連携部分見直し
#1109管理画面の統計情報欄をconfig.phpで表示非表示設定できるようにする
#1110config.phpのSSL設定必須ページ変更
#1112携帯UIの改良
#1113小窓の管理画面を見直し、ホワイトリストからブラックリスト方式へ
#1121日記の公開範囲を他人からも見られるように
#1122デイリーメール送信履歴がわかるようにしてほしい
#1126メンテナンス文言に柔軟性を持たせる
#1133イベントを作成するとエラーメッセージ
#1135h_profから自分にフレンド申請できてしまう
#1148新携帯UIの、ロゴを管理画面から変更できるようにする
#1152携帯版BIZで予定登録すると誤った日時で登録される
#1170PC版で日記コメント・コミュニティトピックコメントはデフォルトで50件見れるようにする(現在は10件ぐらいだろう)
#1172携帯の個体識別番号のDB格納されている値を現状の可逆暗号形式から不可逆のMD5形式に変換する
#1177携帯版f_homeにIDが表示されていない
posted by 牙人 at 00:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。